月曜日 , 10月 23 2017
ホーム / 勉強書評 / 行動経済学そしてプロスペクト理論を丸わかりしておきましょう

行動経済学そしてプロスペクト理論を丸わかりしておきましょう

プロスペクト理論(Prospect Theory)

リスクが伴う意思決定がどうやって行われるの?に回答する理論です。

経済学の「期待効用仮説」の修正として誕生し、心理学的な要素を取り入れて、より現実的にモデルを構築しています。

つまり、期待効用仮説で説明できていない現実を直視して、より現実的なモデルを作ろうぜ!ということです。
これがいわゆる「行動経済学の基礎」ですね。

まずはプロスペクト理論の概要を、具体例を用いて説明します。

問1:目の前に、以下の二つの選択肢があるとする。選択肢A:100万円が必ず手に入る
選択肢B:コインを投げ、表が出たら200万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない

 

この問1を期待効用仮説で解くと、

選択肢A:100%*100万円=100万円
選択肢B:50%*200万円+50%*0万円=100万円

となり、同値です。

がしかし、現実的な実験では圧倒的に選択肢1を選択する人が多いそうです。
つまり堅実的に、目の前の利益を確定させたい傾向が人間にはあるということです。

では、次の問を見てみましょう。

問2:あなたは100万円の借金があるとする。そのとき、同様に以下の二つの選択肢があるとする。選択肢A:100万円を支払う。
選択肢B:コインを投げ、表が出たら支払いが全額免除されるが、裏が出たら、支払額が200万円に増える。

 

これも同様に期待効用仮説で解くとマイナス100万円という期待値は同値です。
がしかし、現実的な実験では問1で選択肢Aを選んだ人は大半が問2では選択肢Bを選ぶ傾向にあるそうです。

つまり、借金=負債を抱えている場合にはギャンブル性の高い選択をするということです。

wikipediaでは、この行動を
人間は目の前に利益があると、利益が手に入らないというリスクの回避を優先し、損失を目の前にすると、損失そのものを回避しようとする傾向があるということである。

と指摘しています。

利益は堅実的に、負債は博打的に行動するということです。

このプロスペクト理論は行動経済学の一つの理論で、
投資関連でよく使われています。
(個人投資家がマーケットで負ける理由等)

こちらもチェック

2009衆議院議員選挙でみる「デュヴェルジェの法則」

デュヴェルジェの法則というのは …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。