日曜日 , 11月 18 2018
ホーム / 勉強書評 / 【論説】岩井克人教授 「アメリカ、アメリカ テロリストの誤った世界認識」

【論説】岩井克人教授 「アメリカ、アメリカ テロリストの誤った世界認識」

岩井克人教授

「アメリカ、アメリカ テロリストの誤った世界認識」

2001年9月11日からほぼ2カ月が経ちました。あの同時多発テロが一体ど
のような要因によって引き起こされたのかを総合的に論じる力は私にはありませ
ん。だが、私が指摘できる事が一つあります。オサマ・ビンラディンは間違って
いるということです。
どのように崇高な目的のためであれ、人間の命を手段と化してしまうテロが倫理
的な誤りであるということ──それはすでに多くの人が指摘しています。ここで
あえて私が指摘したいと思っているのは、今回の同時多発テロは世界認識におけ
る誤りでもあると言うことなのです。
世界貿易センターとペンダゴン──それらはアメリカの経済と軍事の中枢です。
その中枢を攻撃したテロの背後には、世界はいまアメリカによって一元的に支配
されているという世界認識が控えているはずです。

アメリカは世界で唯一の超大国です。それは世界最強の経済力と軍事力を持って
いるからだけではありません。いま世界のどの街を訪れても、意思の疎通はすべ
て英語で可能ですし、代金の支払いもすべてドルで済みます。ホテルに戻ってテ
レビのスイッチを入れるとCNNニュースが流れ、チャンネルを替えるとハリ
ウッド映画が上映されています。ヨーロッパや日本に閉塞感が漂っている現在、
アメリカはますますその存在感を大きくしているのです。
だが私は、それにも関わらず、世界がアメリカによって支配されているという世
界認識は誤りだと考えます。いま世界の中でアメリカの存在感が突出しているの
は、アメリカが世界の「基軸」国としての位置を占めているからにすぎないので
す。
では、ここで言う基軸国とは一体どういう意味なのでしょうか?ドルは世界の基
軸貨幣です。だが、それは世界中の国々がアメリカと取引するためにドルを大量
に保有しているという意味ではありません。ドルが基軸貨幣であるとは、日本と
韓国との貿易がドルで決済され、ドイツとチリとの貸借がドルで行われるという
ことなのです。アメリカの貨幣でしかないドルが、アメリカ以外の国々の取引に
おいても貨幣として使われているということなのです。
まさに同じことが英語に関してもいえます。英語が基軸言語であるとは、日本人
と韓国人、ドイツ人とチリ人の間の対話がアメリカの言語でしかない英語を媒介
として行われているということなのです。いやアメリカはいま、貨幣や言語だけ
でなく、文化や政治や軍事にいたるまで世界の基軸国となっているのです。
世界は著しく対称性を欠いた構造をしています。一方には自国の貨幣や言語、さ
らには文化や政治や軍事がそのまま世界で流通する基軸国アメリカがあり、他方
にはアメリカの貨幣や言語や文化や政治や軍事を媒介としてお互い同士の関係を
結ぶ他のすべての非基軸国があるのです。
このような基軸国と非基軸国との間の関係は、すべての国に一票をという国連的
な平等意識を逆撫でにします。だがそれを支配と従属の関係と見なしてしまう
と、事の本質を見失ってしまうのです。

もちろん、アメリカが基軸国となるきっかけは、第二次大戦直後のアメリカが資
本主義世界の中で圧倒的な支配力を持っていたことによります。当時アメリカは
世界の工業製品の半分を生産し、その輸出額は世界全体の三割を超えていまし
た。だが、じきにアメリカはヨーロッパや日本に追いつかれ始めます。現在では
アメリカの工業生産が世界の中で占める割合は二割、輸出額は一割五分にまで低
下しているのです。
それゆえ、いま世界中の人がドルを使うのは、必ずしもアメリカ人と取引しなけ
ればならないからではありません。それは単に世界中の人がドルを使うからなの
です。そして世界中の人がドルを使うのは、やはり世界中の人がドルを使うから
にすぎません。ここに働いているのは一種の「自己循環論法」です。この自己循
環論法によって、アメリカの貨幣でしかないドルが、アメリカ経済の地盤沈下に
も関わらず、世界中で基軸貨幣として流通しているのです。
同様の自己循環論法は言語についても文化についても政治についても軍事につい
ても働いています。それによってアメリカは、その実体的な国力とは独立に、基
軸国としての役割を果たしているのです。
アメリカが世界を支配しているのではありません。アメリカの貨幣や言語や文化
や政治や軍事が圧倒的な存在感を持っているのは、それらがアメリカのものであ
りながらアメリカのものではないからです。それらがグローバルなコミュニケー
ションに関わるすべての入間のコミュニケーションの媒介として世界を流通して
いるからです。そして冷戦終結後に加速したグローバル化の中でアメリカの存在
感がますます突出してきているのは、まさにそのグローバル化によってグローバ
ルな媒介としてのアメリカの貨幣や言語や文化や政治や軍事のさらに一層の流通
が促されているからなのです。

人類の歴史は支配と従属の歴史でした。長い進化の過程の中で、どうやら私たち
の頭脳は世にあるすべての非対称的な関係を支配と従属の関係として理解するよ
うにプログラムされてしまったようです。王様が王様であるのは王様としての力
を持っているからであり、臣下が臣下であるのは王様の力によって制圧されてい
るからであるというわけです。

それは簡明直裁な世界認識です。そして、それは未だに世界で広く共有されてい
る世界認識でもあります。だが不幸なことに、それはグローバル化された現代に
おいてはもはや誤謬でしかありません。王様が王様であるのは、王様を基軸とし
て他のすべての人間がお互いに関係しあっているからにすぎないのです。そして
さらに不幸なことは、今回の同時多発テロが、この誤った世界認識から人類が解
放されるのがいかに困難であるかをもっとも悲劇的な形で示してしまったという
ことです。
9月11日から始まった世界の混乱がどのような展開をとげるかは予測不能で
す。ただ、仮にテロ側の敗北に終わったとしても、世界をすべて支配と従属の関
係とみなす旧体制の世界認識が生き続けている限り、同じような混乱がこれから
も私たちを待ち受けているはずです。

朝日新聞2001年11月5日夕刊 引用

こちらもチェック

2009衆議院議員選挙でみる「デュヴェルジェの法則」

デュヴェルジェの法則というのは …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。