月曜日 , 12月 11 2017
ホーム / 勉強書評 / 【日本経済新聞】岩井克人教授 「言語・法・貨幣」 -自由と危機

【日本経済新聞】岩井克人教授 「言語・法・貨幣」 -自由と危機

岩井克人教授の「21世紀と文明」 No.7

【 やさしい経済学「21世紀と文明」08.06.10日経新聞(朝刊)】

「言語・法・貨幣と『人文科学』」

7.自由と危機

東京大学教授 岩井克人


言語と法と貨幣は、「自由」の条件である。

言語も法も貨幣も、まさに自己循環理論法の産物であることによって、物理的性質にも遺伝子情報にも血縁地縁にも還元されない意味や権利や価値となり、歴史の中で人から人へと受け渡され、社会の中に蓄積されてきた。

ひとたび人間が言語を媒介として意思を伝達しあう社会の中に生れると、その言語を内面化するようになる。それは、個々の人間の脳の中に自律した意味の宇宙 を作り上げ、物理的世界の構造にも生得本能の命令にも小集団内の秩序にも制約されずに、思考し、判断し、意思決定する自由を与える。

ひとたび人間が法の支配の下に入ると、人間同士の関係は権利と義務の関係になる。それは、個々の人間に他人の権利が及ばない権利の領域を与え、他人と共存しながら自己の目的を追求する自由を与える。

ひとたび人間が貨幣を受け入れると、交換関係は貨幣を介した売買関係になる。それは、個々の人間に価値それ自体を貨幣という持ち運び可能な形で与え、時と処と相手を問わずにどんなモノでも交換しうる自由を与える。

「自由」こそ、人間の本性である。その意味で、言語と法と貨幣はまさに「人間の本性」そのものを形作っているといえるのである。

だが、個人の「自由」の可能性は、同時に、人間社会に「危機」の可能性ももたらす。

なぜならば、言語や法や貨幣を支える自己循環理論法は、まさに物理的性質にも遺伝子情報にも血縁地縁にも根拠を持っていないことによって、しばしば自己目的化したり、自己崩壊したりするからである。

ファシズムとは指導者の言葉に大衆が熱狂することであり、ポピュラリズムとは大衆の言葉しか指導者が語らないことである。官僚主義と法それ自体が物神化さ れることであり、全体主義とは法がイデオロギーの手段でしかなくなることである。恐慌とは人がモノより貨幣を欲することであり、ハイパーインフレとは人が 貨幣から逃走することである。

人文科学が、自然科学や生命科学と同じ科学としての資格を備えているとしたら、それは言語と法と貨幣という社会的な実体を対象としているからである。それ が人間の科学という名にふさわしい科学であるとしたら、それは物理的実体としての人間でも生命物資としての人間でもなく、言語や法や貨幣によって個人にお ける自由の可能性と社会における危機の可能性を同時に与えられた、真の意味での「人間」を扱う科学であるからである。

こちらもチェック

2009衆議院議員選挙でみる「デュヴェルジェの法則」

デュヴェルジェの法則というのは …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。