金曜日 , 6月 22 2018
ホーム / 野外活動 / ファーストエイドキットは携帯しましょう

ファーストエイドキットは携帯しましょう

キャンプでもトレッキングでも自然相手の活動には怪我はつきものです。
アウトドアギアを揃える前に、応急処置用の薬や包帯などは常備しておくべきで
す。

自宅にある常備薬や包帯があれば、それを持参すればよいですが何よりも清潔を保つ必要があります。

ですので市販の1000円くらいのファースト・エイド・キットを購入し、追加で常備薬やバンダナ、抗ヒスタミン軟膏、虫よけスプレー、酔い止めなど人数構成に応じて必と思われるものをセッティングして携帯するとよいでしょう。

揃えるまでは面倒ですが、携帯しているという安心感は大きいですよ。

あ、健康保険証のコピーも入れておくと、いざというとき不要な出費がかからないです。

アウトドアでは、どんな怪我や病気になるか分かりません。といって、何から何で揃えると応急処置用品で大荷物になってしまいます。

ですので、命に関わる止血グッズ、アウトドア環境ではよく使われる抗ヒスタミ軟膏、頭痛薬などの常備薬を中心に携帯しておきましょう。

ファーストエイドキットバッグ

こちらもチェック

焚き火台頂上決戦スノーピーク vs ユニフレーム

SnowPeakの焚き火台か? …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。