火曜日 , 1月 16 2018
ホーム / 野外活動 / 漏れない・軽い・安全な調味料入れに「ナルゲンボトル」

漏れない・軽い・安全な調味料入れに「ナルゲンボトル」

ナルゲンボトルファミリーキャンプはもちろん、ソロキャンプにも調味料は欠かせません。コンビニで小さなボトルも売っていますが、醤油、塩、コショウだけでもボトルの大きさはバラバラですよね。しかもアウトドア用というわけではないので、緩んだ蓋からポタポタなんてことも多々あります。

最近みつけて、すごく便利なのが「ナルゲンボトル(NALGENE)」という研究用業務の規格品として開発されたプラスチック瓶です。

もともとは、研究用のプラスチック瓶ということもあって、すごく丈夫です。今ではハイカーやキャンパー、クライマー、バックパッカーらによく使われているようです。水筒なんかが有名ですよね。

さて、調味料入れとしての機能、それはなによりも確実にキャップがしまって、漏れる心配が全くないことです。アウトドア環境にぴったりで、耐熱温度120℃、耐冷温度-100℃です。そういえば、プラスチックの臭いもないですね。

サイズは豊富ですが、60~120ミリくらいが1泊程度のキャンプではちょうどいいですね。

100円均一で売っている調味料ボトルもあるけど、ナルゲンボトルも同じような金額です。

ナルゲンオフィシャルサイト(英語です)

http://www.nalgene-outdoor.com/


nalgene(ナルゲン) 広口丸形ボトル60ml


nalgene(ナルゲン) 広口丸形ボトル125ml




【追記】


水筒型についての、ご質問があったのでまとめておきます。

水筒型にも調味料入れにも共通していえるのが、蓋部分の山型の刻み(凹凸部分)が通常のボトルよりも深いため、漏れる心配が少ないんです。

あと飲み口が広口なので飲料も氷も入れやすいです。

※細口のボトルもありますね。でも広口のほうが使いやすいです。

筒型の耐冷温度は-20度なので冷凍庫に入れて凍らせてもっていくのもあり。ただ、フタ部分は0度までしか耐性がないのでフタは取ってから冷蔵庫にいれるようにしたほうがいいですよ。

あと耐熱はあるのですが電子レンジはNGですからね。

水筒型の商品はアウトレット用品店にいけば大抵は売っていると思いますので、チェックしていただければと思います。
一緒にNALGENEインシュレーションケースとかいうカバーも売っていることが多いので長時間の移動のときには保温・保冷のためにあるといいかもしれないですね。


こちらもチェック

焚き火台頂上決戦スノーピーク vs ユニフレーム

SnowPeakの焚き火台か? …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。