月曜日 , 12月 11 2017
ホーム / 野外活動 / 【焚き火台頂上決戦】SnowPeak vs UNIFLAME 

【焚き火台頂上決戦】SnowPeak vs UNIFLAME 

SnowPeakの焚き火台か?あるいはUNIFLAMEのファイアグリルか?この2つの焚き火台(ファイアグリル)は、堅牢性や価格面で大いに悩む方が多いです。

いつの頃からか、直火での焚き火は禁止になりキャンプファイアーなんて豪華な火柱は見かけなくなりましたね。

だからといって、全面禁止ではなくて、ファイアグリル・焚き火台を使えばしんみりと焚き火ができるわけです。

この両者、一長一短です。どちらを買っても、それなりのメリット・デメリットがありますので運任せで買っても、それはそれで満足すると思います。

両者とも、グリルを載せればバーベキューもできますし、ケトルを載せてお湯を沸かすこともできます。

サイズが小さいと難しいですが、直接ダッチオーブンを載せてもいいし、何でもできる優れもの。

結構ツーバーナーにするか、焚き火台・ファイアグリルにするかで悩んでいるという話を聞きますが、楽しむならこっちでしょうね。

料理することだけを考えれば、同じ火を扱う道具として同じですが、1/Fゆらぎの発生する焚き火は人をリラックスさせますからね!

まずは、UNIFLAME(ユニフレーム) ファイアグリルから。

価格は5000円を切っています。スノーピークの焚き火台Lサイズが3つ買えます。それだけでこっちに傾くくらい安いです。(スノピが高いのでしょうけど)ただ、側面はペロンペロンに薄いです。とろけちゃうんじゃないかと心配になるくらいです。

逆に言うと、その薄さのおかげで熱が冷めやすく、片づけが早く終わるんですけどね。

オプションで焼網も付属してくるので、スノーピークに比べたら機能は充実ですね。

次に、スノーピークの焚き火台(S,M,L)です。

サイズは3種類ありますが、Sは小さすぎる・・。2人でも小さすぎる。どう使っても、薪が溢れてしまいました。ですので、少なくともMサイズかLサイズがおすすめです。この商品にいえるのは、大は小を兼ねるということです。

MサイズかLサイズかといえば、ダッチオーブンを載せるかどうかで決めても良いでしょう。10インチのダッチオーブンであればギリギリMサイズに載りますが、収まったという感じです。

ぴったりサイズ!言い方変えればちょっと窮屈!?といった印象ですので、ダッチオーブンならLサイズでしょうね。

MでもLでも、収納時のサイズはそこまで変わりませんからね。

ユニフレームと比較すると、誰もが高い!といいますね。誰もが。オプション製品が豊富なおかげで、あっという間に倍の金額になりますよ。がしかし、最初はオプションは何もなくていいと思います。ダッチオーブンだって、そのまま載せればいいし、焼網もいつも使っているものを載せておけばOKです。焚き火台だけ、それだけで十分です。

あ、あと火がついているときに移動するのは、ほぼ無理と思ったほうがいいでしょう。ちょっとずらすだけでも炭がこぼれたりするので、安全のために移動は控えましょう。ベースプレートがあれば、四隅をゆっくり動かして移動することはできます。

その簡単な操作性のおかげで、設置や撤収が数秒で終わるんですけどね。

ちなみに、豪華なオプション製品は

・ベースプレート(金属製。芝生などのサイトではあったほうがいいかも)
・グリルブリッジ(火の高さを3段階で調整)
・焚火床(灰を落とす仕切り板)
・グリルネット(BBQコンロとしても使用したい場合には、便利。焼網です)
・収納ケース(最初から薄いケースは付いてますので不要です。ただオプションを揃えた場合には便利。全部入ります。入れても5センチしか厚みがない!)

丈夫さという面や、コンパクト性ではスノーピークに軍配が上がりますね。シンプルな構造もあって、まず壊れません。

ちょっと高いけど、ずーーっと使いたいと思わせる、モノとして魅力があるのはスノーピークでしょう。

焚き火に何を求めるか、ただの熱源か、あるいは夜のお友達か、そのあたりを考えて決めると良いでしょう。

こちらもチェック

焚き火台頂上決戦スノーピーク vs ユニフレーム

SnowPeakの焚き火台か? …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。