月曜日 , 10月 23 2017
ホーム / 野外活動 / 薪を木炭の違いを知っておこう

薪を木炭の違いを知っておこう

バーベキューや焚き火で利用する「木材」ですが、木炭と薪には大きな違いがあります。見た目が違うだけでなく、用途も違いますので再度確認しておきましょう。

ここでは、木炭とは?という観点ですので木炭の選び方等は別記事です。

(まき、たきぎ)とは、燃料としの木(小枝を含む)や木材、木材の廃材などの事です。

木炭(もくたん)とは、木材を密閉した状態で加熱し、炭化させて得られた炭でです。

薪は、火力が必要な着火の際、あるいは暖をとる場合には向いています。一方の木炭は、下記の特徴から料理に向いています。
薪を燃やして料理することもできますが、ススで真っ黒になります。鉄板の上で料理しても良いのですが、火力が安定しない事と・燃焼時間が短いのであまり料理には向いていません。

木炭の特徴

1. 木炭は薪のような炎は立たない。

2. 木炭は基本的には煙がでない。

3. 木炭は火が消えず扱いやすい。

4. 木炭は薪に比べて燃焼時間が長い。

5. 木炭は火柱が上がらず火力が安定している。

6. 木炭は空気の量によって、燃焼温度を調整できる。

このように、
煙が立たず、燃焼時間が長く、火力が安定しているという特徴から、いわばガスコンロと同じような環境で料理ができるわけです。

買った薪を木炭に変えられるのか?

木を燃やすと瞬間的には炭にはなるものの短時間で燃え尽きて灰になり粉末になって散ってしまいます。
ではどうしたら木炭になるのかというと「蒸し焼き」という状態にすると木炭になります。
蒸し焼きの状態とは、お線香を思い出してもらえれば分かりやすいです。
炎を出さず、かといって消えない程度に空気を調整して燃やします。

木炭の質にこだわらなければ誰でも炭焼きができますので、体験してみてください。

木炭でも、良い木炭と悪い木炭がある?

木炭の質の基準は使用目的によって異なりますが、よくいわれるのは

着火しやすい
煙りが出ない
異臭がない
炎が上がりにくい
火力が安定している
燃焼時間が長い
立ち消えしづらい
安価である

といったところです。

燃焼時間が長いということは、着火しづらい&値段が高い傾向にあるので両立できない部分もあります。

アウトドアの料理で使うとなると、全てあてはまっている木炭が最適ですが、例えば焼肉店ではあまり燃焼時間が長すぎても、無駄が多くなったりしますので用途に応じて使いましょう。

こちらもチェック

焚き火台頂上決戦スノーピーク vs ユニフレーム

SnowPeakの焚き火台か? …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。