Breaking News
Home / デジタル / 撮った写真はZenphotoでオンラインアルバム化するべし

撮った写真はZenphotoでオンラインアルバム化するべし

撮影した写真を、どう管理するかはデジタルカメラ全盛期の今では悩みの一つかもしれません。

私は、大半はローカル(HDD)で保存していますが、気に入ったものはオンラインのサーバーでも管理しています。

デジタルデータである以上、劣化はしなくとも消滅する可能性はあります。ただ気に入っている写真をローカルとウェブの両方で保存しておけば、消滅する確率は限りなく低くなります。

ローカルに保存する場合は外付けのハードディスクなんて、300GB以上で1万円を切っている時代ですからね、ひとつは持っておいても良いでしょう。


一方のオンラインアルバムですが、これは基本的には外部の人に見られてもOKなものだけを置いています。むしろ見てもらいたいみたいな。

方法はいろいろあります。ブログに貼り付けるのもOK,カメラメーカーにもあるようなオンラインアルバムサービスにアップロードするもよし。ローカルの画像管理・編集はよくGoogleのPicasaを使っているので、GooglePicasaオンラインで管理することもあります。

ただ、せっかくなら自分のサイトに自分のお気に入りの写真だけをギャラリーとして公開したい、そんな思いです。

そんなときにいくつかレンタルサーバーにインストールして使える「無料」のWEBアルバム作成ツールを探しました。

  • 無料であること
  • アップロードが簡単であること(特に1枚ずつ参照するのが大嫌いなので)
  • サクサク動くこと
  • インストールが簡単であること

これを必須条件で選んだのですが、coppermine photo gallery や Gallery なんてサービス(海外)がありましたが使い方が面倒だったので、「Zenphoto」というサービスを使っています。

zenphoto

このZenphotoの特徴は、無料のオープンソースのフォトギャラリースクリプトであること。そして写真のアップロードが簡単でサーバ上のフォルダにFTP経由でアップロードすれば自動的に読み込んでくれるので一括アップロードが可能。そして動作もサクサクしてます。

デモ画面は、こちらからどうぞ

何よりも楽なのが、写真のアップロードですね。先にも言いましたがFTPでアップするだけですから。

他のオンラインサービスだと、ファイルをひとつずつ参照してアップすることが多くて面倒なんですよね。

テーマを選んでカスタマイズすることが可能なので、お好きなオンライン写真集が作れます。とはいってもまだまだテーマは少ないです。とはいえ主人公は写真なので、テーマは控えめなデフォルトあたりでも十分ですけどね。

いずれにせよ、やっぱり自分のサーバーで自分でカスタマイズしながら作りこむのが楽しいですね。

レンタルサーバーをお持ちでない方も、是非借りてマイギャラリーを作っていただきたいと思います。

そういえば、このZenphotoは海外のサービスなので英語ですがユーザーインターフェースは基本的に少ないのでそのまま使えます。(写真の説明とかタイトルは日本語でも使えますし)

ただ、管理画面の表記等で日本語がよければ日本語化できるので、日本語化しても良いかもしれません。

Zenophoto 日本語化キットはこちらからどうぞ。

使い方も書いてあるので、読んでもらえれば分かりますが。

  1. 日本語化するためのファイルをダウンロードする
  2. それをランゲージフォルダにアップロード
  3. 管理画面から日本語を選択

これだけです。


About YH

Check Also

プロジェクト管理ツール:activeCollab

activeCollabは、P ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。