Breaking News
Home / Diary of Daily / 量が激減!?駄菓子の代名詞「甘いか太郎」を凝視せよ!

量が激減!?駄菓子の代名詞「甘いか太郎」を凝視せよ!

小中学生時代には「蒲焼さん太郎」と並んですり身系駄菓子の代名詞だった「甘いか太郎」。

つい先日、サラダを食べていたらドレッシングが「甘いか太郎」と同じ味がしていたもんで、久々に食べたくなって近くのスーパーを何店舗か探して発見しました。

買ったときは分からなかったのですが、さぁ食べようとした、まさにその瞬間。

昔は封を開けるとき縦に切りますが、そのとき甘いかの身も同時に切れてしまっていたのを思い出し、インスタントラーメンの粉末スープの封を開ける前に中身を移動させるためにブンブン振り回すように、今回も振り回してみました。

すると、みるみる甘いか君がパッケージ下部へズルズルと・・
気づいたら、半分くらいまで身が移動しちゃってます。スカスカじゃないですか!!!

あれよあれよという間に、ペロンペロンのスッカスカの甘いか君の誕生です。

昔からこんなに少量&大袋じゃなかったはずだったような・・。

むかしはパッケージに目一杯イカが入っていたはずです。

いつのまにか、こんな風なスカスカ甘いかになっているとは・・。

まぁしかたなく食べてみましたが、一口。たった一口で完食です。
100円持って駄菓子を買うだけで楽しかった思い出が、懐かしいです。

About YH

Check Also

iphoneアプリの失敗例「食べログの有料化」

カクコムが運営するランキングと ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。