月曜日 , 12月 11 2017
ホーム / Diary of Daily / 当日買った株が、翌日上場廃止になったとき、思うこと。

当日買った株が、翌日上場廃止になったとき、思うこと。

stock

グレースという会社が自己破産しました。

何百万社という企業の1つが自己破産することは、今までの私には何の事はなかったのですが、今回は違いました。

2月12日、複数の建設会社を傘下に持つグレース 【大証2部:4790】が会社更生も民事再生も申請せず、いきなり自己破産を申請しました。これにより、通常は1カ月の整理銘柄指定を経て上場廃止されるところ、グレースは2月27日に上場廃止となることが決定しています。2008年の上場企業の倒産はグレースが初めてです。

ということで、あっという間に終わったそうです。

私にとって、何が衝撃的だったかというと。上場廃止の前日、興味本位で株を買ってしまったのです・・。

何の事前調査もせずに、「安い」という理由だけで買いました。

私の投資ルールを以前書きましたが、早速破りました。そしてこの結末です。

根拠無く買わないと言っていたのに、安いというだけで、根拠とは言えません・・。

株価3円で買って、株価1円になって、「なんだかなぁ」と思って26日を終えて、27日には無くなってました・・。

2008年初の上場廃止のグレース社ですが、2008年初の私にとっての落ち込みです。

1.予見性の無さ

2.勉強不足

3.初体験のトキメキ

4.どうにも出来ないことが、世の中にはある、ということの再発見

5.お金の価値を再発見

6.ネット証券ならではの、自己責任の痛感

こんなこと、思いました。

しかし、これは勉強だと思って、失ったものを取り返したいと思います。

株を保有したまま、上場廃止になった場合、その後の処遇も初体験!

こちらもチェック

新しいサイトをはじめました Ver2

カメラアイテムレビュー、写真集 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。