土曜日 , 11月 18 2017
ホーム / Diary of Daily / 中国検索広告市場はバブリーだ!(2007年上半期)

中国検索広告市場はバブリーだ!(2007年上半期)

[tegaki]ちゅうごくのけんさくエンジン イイ2[/tegaki]

中国のリサーチ会社の易観国際(Analysys International)の調査によると、ここ半年の中国検索エンジン市場は、活況とのこと。

前期比28.8%増、前年同期比69.4%増の11億5030万元(約180億2000万円、1元=15.66円)となった。 去年の今頃に比べたら、70%もボリュームアップだと。

内訳を覗いてみると、意外な事実も分かった。

中国検索エンジン市場をシェア別で見てみると、

百度が57.6%(前年同期のシェア47.4%)

グーグル中国が21.0%(同14.9%)

ヤフー中国が12.5%(同18.2%)

なるほど、まず1つ言えるのは3つの検索エンジンだけでシェア90%は占めているということ、そしてもう1つは、これだけ活況でもYahooのシェアはガクンと落ちているということ。

Googleも「谷歌」という名前にしたときから批判されていたけど、シェアは確実に伸びている模様ですね。

百度の独走はまだまだ続きそうです。

こちらもチェック

新しいサイトをはじめました Ver2

カメラアイテムレビュー、写真集 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。