月曜日 , 10月 23 2017
ホーム / 勉強書評 / 2009衆議院議員選挙でみる「デュヴェルジェの法則」

2009衆議院議員選挙でみる「デュヴェルジェの法則」

デュヴェルジェの法則というのは、各選挙区ごとにM人を選出する場合、候補者数が次第に各選挙区ごとにM+1人に収束していく、という法則。

つま各選挙区ごとに1人を選出する選挙の場合、候補者が2人になっていくよ!という法則です。


今回の衆議院選挙に当てはめると、480議席のうち、民主党が308議席で自民党が119席、 民主党と自民党だけでなんと約90%を占めています。厳密にはデュヴェルジェの法則では、候補者が収束していくという法則ですが、現実には当選者がM+1に収束すると読み替えれば完全に当てはまってますね。つまり、必然的に二大政党になるということです。それ以外の候補者にとっては当選することは非常に厳しいということ。

それはどういうことかというと、

まず有権者にとって、誰がその選挙区で当選するかどうかがある程度分かっているとします。(だいたい予想はつくでしょう)

で、その候補者をAとして、Aを支持するならAに投票すればそのまま当選。

しかし、その候補者を支持していない場合はどうなるか?

案1.勝ち目は全くないけど、自分が好きな候補者Bに投票する

案2.2番人気の候補者Cに投票する

ここで、有権者が案2を選ぶということは、死票となるだけで自分の投票は無駄になってしまいまう。

そこで、案2を選択することで支持していない候補者Aを落選させることができる可能性がある。つまり、二番人気に投票して嫌いな一番人気を落選させる行動をとるわけです。


つまり、

A.好きだけど結局は落選するから投票しないという心理(候補者Bへの心理)

B.どうせ当確だから投票しない、したくないという心理(候補者Aへの心理)

の両方が同時に働けば、デュヴェルジェの法則が成り立つわけです。



今回の衆議院議員選挙では、まさにこの心理が起こったわけです。

自民党の愚策にうんざりした国民は、自民党政権続投だけは避けたいから当選させたくない。とはいっても、社民党やみんなの党に投票しても過半数の票は集まらないだろう。だったら、次善の策で民主党かな?で民主党に投票。

これが今回の選挙結果に表れていたわけです。


結果は民主党圧勝で終わった衆議院選挙、マニフェスト読み直そう。








こちらもチェック

音楽業界の裏の裏情報:いまどきはCDどころか音楽にお金は使わないのか?

音楽業界の凋落がありうるのか、 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。